「紀伊山地の霊場と参詣道」ルール

─世界遺産を守ろう─

平成16年7月7日に世界遺産登録されました「紀伊山地の霊場と参詣道」は、三重、奈良、和歌山の三県の広大は範囲に渡る歴史的資産と、人々と自然の関わりの中で培われた文化的景観が高く評価されたものです。
人類にとってかけがえのない共通の財産である「紀伊山地の霊場と参詣道」を大切に保全し、後世に伝えていく為、参詣道を歩くにあたってのルールを定めました。

  1. 「人類の遺産」をみんなで守ります。
  2. いにしえからの祈りの心をたどります。
  3. 笑顔であいさつ、心のふれあいを深めます。
  4. 動植物をとらず、持ち込まず、大切にします。
  5. 計画と装備を万全に、ゆとりをもって歩きます。
  6. 道からはずれないようにします。
  7. 火の用心をこころがけます。
  8. ごみを持ち帰り、きれいな道にします。

かけがえのない遺産がもたらす恵みを世界の人々がいつまでも分かちあえるよう、参詣道を歩くにあたってはぜひお守りください。